毛皮 売る

不要な毛皮を売る時はどこで買取ってもらえるの?今すぐに売りたいときは?

母親の遺産や遺品に毛皮がある方もいらっしゃると思います。、
全然もうクローゼットから出さないで着なくなった毛皮の処分の仕方で困っていませんか?
せっかくの価値ある品が物置の奥底で眠ってはいませんか。
貴重な毛皮を着てないなら大切に着てくれる人へ着てもらいませんか?

 

今すぐ売りたい方は、出張買取がおすすめです。最短30分で自宅まで
訪問してくれます。
また持ち込み買取可能なお店もあり、自宅までこられるのはちょっとという
方は自分で毛皮を店舗まで持ち込むことが可能です。
それから宅配買取をしてくれるお店もあるので、送付して売りたい方には
ピッタリの方法です。

 

おすすめの毛皮買取業者は「スピード買取」です。
毛皮一着で36万円の査定も出している会社です。

 

→公式サイトはこちら【スピード買取】

 

 

 

 

毛皮についての最近の世論

 

最近では毛皮反対の運動が起こっており、欧米のセレブの中にはあからさまに
嫌悪感を示すひともいます。毛皮への意識が変わってきています。

 

「絶滅の恐れのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」
(通称ワシントン条約 一九七三年)が出されました。
一九八〇年日本が批准してからというもの、
トラ(虎)、ヒョウ(豹)、ジャガー、チーター、ヴィクーニャ(駱駝)、
ホッキョクグマといったような動物の毛皮の流通は大幅に規制され、市場に出回る毛皮が少なくなりました。

 

毛皮の種類は

 

フォックス(キツネ)
ロシアンセーブル(イタチ)
セーブル(イタチ)
ミンク(イタチ)
サガミンク(鼬)
サガフォックス(狐)
チンチラ(齧歯類 ネズミ)
レオパードキャット(猫)
ムートン(ひつじ)
ラビットファー(ウサギ)
リンクス(オオヤマネコ)
ラクーン(アライグマ)など多くのアイテムがあります。

 

これだけの種類があるので専門の業者でないと査定は難しいのがわかります。

 

ワシントン条約で規制されたこれらの動物の毛皮は高く売れます。数が少なくなれば供給が少なくなり、価格が上がるのは経済の原則です。
少なくなると欲しくなるのも人間の性ですね。

 

そのほかの動物についても、毛皮を取れる動物が少なく減少しているので、毛皮の供給が減少しているのは当然です。
乱獲されている動物たちの悲鳴が聞こえて来るようです。人間のエゴがここに見られます。

 

それから 毛皮は自然の動物の皮のため虫や害虫が付きやすくなります。しっかりとした管理で保管しないと虫食いや汚れが非常に目立ちます。ホコリまみれの毛皮の商品価値はさがりますし、古いデザインも価値が低下します。毛が抜けないようにするなど大切に保存することが価値を維持できる方法です。

 

毛皮の価値を維持するためには保管状態をよく保つ必要があります。
湿度は50%前後 温度は10度以下 通気性の高い場所で防虫剤は必須ですね。虫は大敵なので高価な毛皮が破損しないようにからなず防虫剤は入れてくださいね。

 

着なくなった毛皮であるほど保管に気を付けないと価値が激減していまいます。
いくら着なくなったとしても、買ったときは非常に高価だったのでスグに捨ててしまうのは気が引けます。
粗大ごみで処分するのはもったいないのでどうにか売る方法を調べるのがベストです。
何万 何十万円になることもありますから。

 

 

毛皮を売るとき、買取ってもらうときに、
一番高価で売却できる可能性の高い動物の毛皮、アニマルファー(ANIMAL FUR)はなに?

 

もっとも高い査定金額を期待できる毛皮
はなんといっても【ロシアンセーブル】です。
14万円もの高額査定が期待できます。 クローゼットを整理することでお金にもなるし、日本の経済も回すことになりますし一石二鳥ですね。
次の高級なのがチンチラです。希少性が高いのでこれも高額査定が期待できますね。

 

 

それから
ロシアンセーブルのフルシルバリー非常に希少で日本では滅多に見られません。
ちなみにセーブルとは
イタチ科の小動物で日本では(黒貂)クロテンと呼ばれています。
他の毛皮の中でも特に高級品とされており、
ロシヤ産が高品質。艶が素晴らしく、
保温する能力も最高で、毛皮として機能・性能が突出しています。
現在では禁猟のため新品の入手が困難です。

 

またみんなが知っているMink(ミンク)はメジャーな毛皮でもあり、
需要が大きいので高価査定が望めます。

 

毛皮と言ったら ミンクを連想するのではないでしょうか?

 

ソボル「SOBOL」はロシアンセーブルの最高級品の証の称号なのでこれも高く買ってくれる可能性が高いです。
品質が高いので信頼性が高いです。

 

GUCCI(グッチ)やフェンディ(FENDI)などのブランド品の毛皮は高額査定が期待できます。

 

それから毛皮メーカーで有名なのはエンバです。これも数万円の高額買取が期待できます。

エンバ(EMBA)は1947年に植野物産商会として兵庫県氷上郡でスタート。そこからバブルの波にも乗り 急成長したものの、バブル崩壊もあり倒産。現在もエンバブランドは継承され、上質な毛皮を販売し続けております。 エンバはミンクをはじめ、セーブル、フォックス、セーブル、リンクスキャット等の毛皮を取り扱っており ファンも多いブランドの1つです。中古市場でも頻繁に取引されており、相場も安定しているため 高価買取が期待できるブランドです。

 

毛皮の査定価格が上がるのはシーズン前
というのは常識です。

 

秋に寒くなると毛皮が欲しくなるのは人間の真理だからです。
でも、最近ではシーズンに関係なく買取金額を安定させています
という業者もいるので、それほど季節にこだわる必要はありません。

 

毛皮は高級品ですので、町のリサイクルショップやリユースショップで
売るのはいただけません。低い査定を望んでいるのなら別ですが。
やはり経験のある専門店での査定をオススメします。

 

 

クローゼットに眠っている毛皮は、買取り業者へ

 

毛皮の保管が面倒であれば、思い切って毛皮専門の買取り業者に買取りを依頼するという方法があります。

 

毛皮は、ワシントン条約の制定によって毛皮の希少性が高まっていますから、質・量ともに不足しているのが現状です。そのため、デザインが古かったり、汚れなどがあっても需要があり、たくさんの毛皮買取業者があります。

 

 

全国でたくさんの買取業者がいますが

 

信用のできる毛皮買取業者は
スピード買取です。

 

 

 

 

厳しい研修を受けた鑑定士がしっかりとした査定をしてくれます。
街のリサイクルショップではダメなんです。
簡単なマニュアルで査定できるほど毛皮は単純ではありません。

 

 

 

スピード買取
毛皮買取の感想・口コミ

 

毛皮を査定する姿がとても真剣でした
毛皮 / 山形県 / 女性 / 50代
きちんと隅々までチェックして査定してもらうことができるので、ちゃんと手入れしておいて良かったと思いました。また、今回売ったセーブルだけでなくチンチラなど、毛皮を豊富に取り扱っているのも安心でした。
出張買取毛皮の買取感謝しています。ありがとうございました

毛皮 / 三重県 / 女性 / 50代
祖父の遺品を整理していたら昔集めていた毛皮が出てきました。我が家では使用する予定がなかったためこの度、買取のお願いをしました。電話をすると即日対応でわざわざ家まで来てくださりました。価格も自分の予想以上のものでこの業者の方にお願いして良かったです。また機会があればお願いしたいです。この度はありがとうございました。
出張買取毛皮をどこで売ろうか悩んでいました
毛皮 / 徳島県 / 女性 / 60代
口コミサイトなどを見ると、出張買取が便利だという意見が多かったので、こちらにお願いしてみました。初めてでちょっと緊張していましたが、確かに便利でした。家まで買取に来てくれるので、手間も時間も掛からずに毛皮を売る事が出来ました。これなら気軽に利用出来ますね。今後もこの業者さんにお願いしょうと思います。

 

もっと毛皮について詳しい情報はこちら
一般社団法人 日本毛皮協会
http://www.fur.or.jp/index.html

 

毛皮の高価買取を願っております。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-0173407471176498"
data-ad-slot="2278778689"
data-ad-format="auto">

洋服をいちばん高く売るにはどうしたらいいの?