洋服 売る 洗濯 

洋服を高く売るには洗濯が必須です。

「古着を売る時は洗濯したほうがいいの?」
なんてよく聞きますが、

 

洋服を売るときは洗濯をした方が印象がよくなるので高く売れます。

 

やはり買う側のことを考えればわかりますがきれいな洋服を買いたいですよね。
ですから売る前に洗濯をした方が良いのです。
シワがあったり汚れが付いていると買取の時の印象が悪くなります。
匂いが付いていたりしたらやはり印象が悪いですし買おうと思う人もいません。
それから目立つシミ、シワなどはできるだけ落としてから売りに出しましょう。

 

 

でも注意したいのは、洗濯不可の素材を洗ってしまったり、
洗濯表示に従わず間違って洗ってしまったりして
素材が縮むことがあるので気をつけてくださいね。
洗濯ネットを上手に使って生地を傷めないようにしましょう。

 

 

目立つ汚れには部分洗いをしてもいいですね。
特に汚れるところは袖口、脇首の襟の内側こは汗が付きやすく汚れやすいところです。
この部分は査定するときによくチェックされるのであらかじめ自分で確認をしておくことが重要です。
またアイロンをかけられる製品であればかけておいたほうが査定評価がアップします。
シワシワよれよれの服は誰も欲しがりません。

 

このようなちょっとしたことで査定額がずいぶん変わってきます。
それから洗濯時にチェックする部分をお伝えします。
縫い目から糸が出ていることがありますがこれも印象が良くありません。
査定が下がる可能性があるので
この糸切っておくと良いですね。

 

また洋服に付属していた品物があるようであれば必ず添付してください。
予備のボタンや当て布やベルト、フードなど脱着できるものがあれば必ず添えて
査定に出しましょう。 また匂いがきついと買い取り不可になる可能性があります。
自分の匂いは気になりませんが他人の匂いはとても気になります。
香水の強い匂い犬や猫のペットなどの嫌なにおいタバコの煙の匂いが染み付いていませんか?
匂いが付いてある場合は消臭効果のあるスプレーをかけたり
洗剤でよく洗濯したりすることでニオイをとることができます。

 

それからタンスに何年もしまってあった服などは防虫剤の鼻をつく、
匂いがこびりついている場合があるので注意ですね。

 

そういった場合には陰干しをすることでニオイをとることができます。
また消臭効果がある重曹を使用して匂いを取る方法もあります。

 

またセーターなどウールやニットなどは毛玉が付いていることがあります。
ちょっとした手間をかけることで印象が変わりますから
毛玉は取り除いておくことが一番です。

 

次はクリーニングについてです。
クリーニングは数百円からのお金がかかります。
クリーニングに出して買い取り価格が上がればいいのですが
なかなか大幅に上がるということはありません。

 

クリーニング代以上に査定額が上がらないので
基本的にはクリーニングはしなくて大丈夫です。
しかし、高級服では事情が違います。ハイブランド、シャネル、エルメス、グッチ、ジョルジオアルマーニなど世界中で愛されているハイブランドであれば高額査定が見込めます。

 

クリーニングで大幅に印象が変わるようであればクリーニングに出したほうがいい場合があります。

 

数万円の査定が見込める場合であればクリーニングをしてもよいでしょう。
洗濯をすることで衣類の印象が良くなり高価査定をしてもらうのが目標です。
できる範囲できれいにして服を高く買い取ってもらいましょう。

 

高額査定が出ることを願っております。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-0173407471176498"
data-ad-slot="2278778689"
data-ad-format="auto">

洋服をいちばん高く売るにはどうしたらいいの?