洋服 売る、ネット、店舗

洋服売るならネットがいいの?店舗がいいの?

いらない服をどうせ売るならできるだけ高く売りたいですよね。
服を売る方法は大きく分けてネットで売るのと店舗で売るのとの2つに分けられます。

 

ネットを使っての洋服売ることのメリット・デメリットは?

メリット

@自宅にいながらにして洋服を売ることができる。わざわざ出かけなくても梱包キットをネットで注文すれば、家から一歩も出ずに洋服の買取ができます。出不精の方にはピッタリです。

 

A送料無料で送れる。ほとんどの買取店は送料が無料なのでタダで買取査定に出すことができます。

 

デメリット

@商品の紛失の可能性がある。ほとんどの場合、輸送の途中で紛失することはありませんが、洋服の輸送途中の紛失はゼロ%ではありません。高価な服を送ってから、途中で紛失してしまう可能性があります。

 

A対面式ではない、相手の顔が見えない査定なので、買いたたかれる恐れがある。

 

買いたたかれないためには、ブランディアの再買取サービスを利用して、複数社の見積もりをとることが賢い方法です。
【洋服 売る】のはネットが便利です♪

 

店舗での洋服を売ることのメリット・デメリットは?

メリット

@店舗での古着の売値がわかるので、洋服を売った後の売値が想像でき、買取価格が気に入らなければ断れる。
実際に店舗に洋服を持っていくことで、そのお店での古着の売値の値付が分かります。ですから、あまりにも洋服の買取金額が低い場合は断ることができます。

 

A買取不可の場合は処分してくれる。
店舗にもよりますが洋服が売れない時、買取の値段がつかない時は無料で引き取って処分してくれます。(要店舗確認)
もし服に値段がつかない場合は、自宅に持ち帰る手間が省けます。売りに出した服なので自宅でも置き場所はありません。処分してもらうのがありがたいです。

 

デメリット

@先ほどのメリットの反対ですが、対面式であるがゆえに、洋服の買い取り金額があまりにも低くてキャンセルする際に断りづらい。

 

A買取価格が安い。店舗を運営するための人件費や光熱費、家賃等固定費が必要なため、ネットと比べるとどうしても高額査定ができない。

 

B近所に買取をしてくれる店舗がないと買取場所が遠くなる。
もし家から近所に洋服を売れる店がない場合は遠方で探さなくてはなりません。ガソリン代や交通費がかかります。

 

C売るには洋服を持っていかなければならない。一枚や二枚の洋服でしたらそれほどかさばりませんが、十数枚になれば結構な服の量になります。大きな袋を用意しなければなりませんし、運ぶ労力もかかってしまいますね。これは大変です。

洋服をいちばん高く売るにはどうしたらいいの?