theory セオリー 服 売る 

theory(セオリー)の服の高額買取の方法とは??

セオリー(theory)の服を高く売りたいなら、ブランディアがオススメです。

 

というのも、ブランディアの中でブランド別の買取数がナンバーワン。
なんと1ヶ月に6620個ものセオリーを買取しています。

 

たくさん買取していれば、それだけセオリーに詳しいので高額査定できます。
また、ブランディアは買取ったアイテムを自社のオークションで販売しているので
中間のマージンが少ないので高額買取ができるんです♪

 

参考買取価格

パンツ ジーンズ×AG 参考買取価格:〜\6,500

 

ジャケット レザーライダース 黒 参考買取価格:〜\12,000

 

ジャケット ショールカラー ダークグレー 参考買取価格:〜\17,000

 

 

→ブランディアの公式サイトはこちら

 

概説
1997年に設立されたアメリカのブランドで、日本では1998年からリンク・インターナショナル(初代)が輸入し展開。
アメリカ発祥であるが、本家であるセオリー社もリンク・インターナショナル(2代目・現リンク・セオリー・ジャパン)の完全親会社である株式会社リンク・セオリー・ホールディングス(初代リンク・インターナショナル)が傘下に収め、経営権を獲得した。
その後、2009年7月に株式会社ファーストリテイリングがリンク・セオリー・ホールディングスを完全子会社化。翌2010年3月から6月にかけて事業再編を実施し、現在はファーストリテイリング傘下のブランドとなっている。
ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長の柳井正が取締役会長を務め、リンク社の創業者で元筆頭株主の佐々木力(同名の大学教授とは別人)が代表取締役社長兼CEOを務めた。

 

特徴
コスチュームではなく着る人自身を主役にした服をテーマに、着心地の良さと美しいシルエットを追及している。 スーツなども含め、ほぼすべての商品にストレッチ加工がしてある。 NYのデザイナーブランドだが、社長佐々木力によって日本での専売権のもと日本で紹介され、カンパニー化。 2009年に経営悪化のため、ファーストリテイリングによって買収、傘下に入る。
本社: アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク
設立: 1997年
創立者: アンドリュー・ローゼン、 エリー・タハリー
セオリーとは、ファッションブランド。日本では、株式会社リンク・セオリー・ジャパンが展開する
セオリーはシンプルでコーディネートしやすいモダンファッションで人気のブランドです。 美しいシルエットと着心地の良さを追求したアイテムは、大人の女性からの支持が厚く人気があります。 良質な素材を使用したアイテムや発売から新しいアイテムは当店でも高価買取が期待できます! 是非一度、当店の買取をお試しくださいませ。

洋服をいちばん高く売るにはどうしたらいいの?